FC2ブログ

最高な感じ方、マジなイキ方をするレガシーAV

女優さんが最高な感じ方、マジなイキ方をする80年代~90年代のAV作品をそれとなく語るブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

超ビンカンな、全身筋痙攣美少女・野村まどか

野村まどか嬢は2000年にデビューした、アイドル系のAV女優さんです。

AVデビュー時は、可愛らしさ、あどけなさが残る18歳。現代と比べると素朴な感じが堪りませんね。

madoka_01_01.jpg

【PROFILE】
1982年1月27日
T148 B82 W58 H86
血液型B型

【出演作品】
「ピュア in ハート MADOKA」(00年 クリスタル映像)
「スウィ-ト☆ランゲ-ジ」(00年 クリスタル映像)

まどか嬢の出演作は上記2作品のみ。「スウィ-ト☆ランゲ-ジ」の方はDMMで視聴可能ですが、「ピュア in ハート MADOKA」の方は中古VHSを購入するしかないようです。

上記2作をカップリングして、リモザイクしてDVDで出せば、確実に売れると思うんですけどね。

ちなみに今回取り上げるのは「ピュア in ハート MADOKA」です。

本作は主に3部構成になっていて、最初は加藤鷹氏との絡みがあり、次が仁科ひかる氏、最後は戸川夏也氏と仁科ひかる氏との3Pです。

まずは、鷹さんとのカラミ。AV初出演ということで緊張気味のまどか嬢。見るからに肩に力が入っており、鷹さんからちょっと体を離そうとしている仕草が初々しいですね。
madoka_01_02.jpg

最初は目隠しをして攻められるまどか嬢。まずは鷹さんのクリニングスで攻められます。
madoka_01_03.jpg

次にバックスタイルで、指をマンコに突っ込まれ、女の子汁をしたたらせるまどか嬢。
madoka_01_05.jpg

もう、このあたりからまどか嬢の目つきが怪しくなってきます。
madoka_01_04.jpg


鷹さんのフィンガーテクによって、潮を吹いて昇天してしまうまどか嬢。
madoka_01_06.jpg

madoka_01_07.jpg

なんとか復活したまどか嬢は、フェラチオでお返し。上目遣いでフェラをするまどか嬢がなんとも可愛らしいです。
madoka_01_08.jpg

そしていよいよインサートへ。鷹さんとのカラミは正常位オンリーですが、鷹さんはまどか嬢のイキっぷりを見ながら、ある程度調整しつつ攻めているように見受けられました。うーむ。さすがベテラン。
madoka_01_09.jpg

まあ、それでも超ビンカンボディのまどか嬢はこの乱れっぷりなのですが・・・。
madoka_01_10.jpg

madoka_01_11.jpg

最後は胸にフィニッシュ。すっかり目がトンでしまっているまどか嬢。体も小刻みにピクピクと痙攣を続けています。
madoka_01_12.jpg


お次は、仁科ひかる氏とのカラミ。学生時代のSEX体験を再現するといシチュエーションで、まどか嬢は制服にチェンジ。
madoka_01_13.jpg

今回はバイブで攻められるまどか嬢。
madoka_01_14.jpg

よほど気持ちが良かったのか、早々に意識がトンでしまってます。
madoka_01_15.jpg

鷹さんと違い、とにかく責めに容赦のない仁科氏。バイブも正常位もとにかく突きまりのため、まどか嬢もイキっぱなしです。
madoka_01_16.jpg

madoka_01_17.jpg

madoka_01_18.jpg

今度も胸にフィニッシュ。体を細かく痙攣させながら、半失神状態のまどか嬢。
madoka_01_19.jpg


最後は戸川氏、仁科氏との3P。今までと違い、黒の下着とガーターベルトという大人びたコスチュームがそそられますね。
madoka_01_20.jpg

madoka_01_21.jpg

2本同時フェラにトライするまどか嬢。
madoka_01_22.jpg

madoka_01_23.jpg

フェラの後は、バイブでゴリゴリ責められ、イキっぱなしのまどか嬢。
madoka_01_24.jpg

madoka_01_25.jpg

まず、仁科氏が正常位でインサート。ガンガンと容赦なく腰を打ちつけられるまどか嬢。
madoka_01_26.jpg

madoka_01_27.jpg

最後は胸にフィニッシュ。どうやら顔面シャワーはNGみたいですね。
madoka_01_28.jpg

ここで仁科氏はお役ご免。
今度はバックスタイルから、代わった戸川氏の高速ピストンの猛攻にさらされるまどか嬢。
madoka_01_29.jpg

madoka_01_30.jpg

そしてフィニッシュへ。女優さんの両腕を持って、激しく「乳揺れ」させてフィニッシュするのが90年~00年代のAVの定番ムーブですね。
madoka_01_31.jpg

精も根も尽き果てたまどか嬢。視線は定まらず、痙攣も止まりません。鷹さんと違って、戸川氏も仁科氏も手加減なしで腰を打ちつけていましたので、無理もないと思います。
madoka_01_32.jpg

madoka_01_33.jpg

「気持ち良かったら手を挙げて」と言われるものの、半失神状態のためほんの少ししか手を動かせないまどか嬢。
madoka_01_34.jpg

最後に視聴者に向けて一言と促されるものの、言葉にならず。なんとか「バ・イ・・バイ」と声を振り絞ったところで終了。
madoka_01_35.jpg

このように、AV女優としてのとんでもないポテンシャルを持っていた野村まどか嬢ですが、ここまで感じやすい肉体だと、AV男優との絡みは肉体的・精神的な負担が大きいような気がします。出演作が2作品しかないというのも、その辺に理由があるのではないでしょうか。


現在、野村まどか嬢の作品で、容易に視聴できるのは、「スイート ランゲージ」のみ。コチラはDMM動画で配信されています。確か、斉藤竜一氏、ピエール剣氏とのプレイが収録されていたハズ。「ピュア in ハート」ほどではありませんが、まどか嬢の見事な痙攣イキを堪能できます。
スイート ランゲージ 野村まどか
スイート ランゲージ 野村まどか

あとは「クリスタル映像 傑作選」とかのオムニバス作品をチェックするしかないみたいですね。
ちなみにコレには、戸川氏、仁科氏との3Pが収録されていました。
クリスタル映像傑作選 ~あのAVをもう一度~
クリスタル映像傑作選 ~あのAVをもう一度~
スポンサーサイト
[PR]

| 00年代 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://legacyav.blog.fc2.com/tb.php/12-a1ad13ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。